むちうちとは

むちうちとは?

  • むちうちは,正式には「頚椎捻挫」や「外傷性頚部症候群」などと呼ばれます。交通事故や転倒などで首に強い力が加わった後に、首の痛みや不調などの症状が生じます。
  • 車に乗車中に後方の車に追突された、急ブレーキをかけて首が痛くなったなどの主訴で来院されます。
  • 首の痛みの他にも,首のはり、肩こり,頭痛,めまい,重ったるい感じ、手のしびれ,不眠,うつ状態、吐き気、嘔吐など様々な症状がでます。
  • レントゲン検査をしても骨折をしていることが明らかでなく、レントゲンではわからないような首の筋肉や靭帯を痛めていることが原因と考えられます。
  • MRIをとって筋肉、靭帯、神経の損傷がわかることもありますが、なにも異常画像所見がないこともあります。




整形外科に行ったらどんな検査をするの?

  • 問診
  • 身体診察
  • レントゲン:骨折、ヒビや脱臼を見つけるための検査です.
  • CT:レントゲンでは分かりにくい骨折、ヒビや脱臼を見つけるための検査です.
  • MRI:骨折の他に,靭帯や神経などのダメージが無いかを確認します.手のしびれなどの症状が強い患者さんや症状が長引いている患者さんに検査を行います。

治療

  • 症状のつよさに応じて,痛み止めの飲み薬、筋弛緩薬、神経痛の薬や湿布が処方されます.
  • リハビリとして,ストレッチ,首の筋力トレーニング,動かせる部分を広げていく訓練をしていただくと,症状の改善に有効です.痛みが鋭い時期は安静にして、痛みが少し落ち着いた日から痛みの範囲内でゆっくりリハビリを始めていきましょう。
  • クリニックによっては干渉波を使用することもあります。干渉波とは、2種類の電流(中周波)を身体内で干渉させ電気治療の効果を発揮することができる治療機器です。 電流を流しても皮膚抵抗を受けにくく電流の出力を調節できるため、深部の筋肉が反応するまで電流を上げることが可能です。
  • 首の痛みが強く,首を動かせない方には,数日間に限定して首を固定する装具(カラーといいます)を使用することもあります.固定期間は症状にもよりますが数日から1週間程度です。あまり長く固定しすぎていると首まわりの筋肉が萎縮(弱まってしまう)してしまい、痛みが長引く恐れがあります。
  • 牽引療法(首を引っ張る治療),注射の治療は従来から行われていますが,その効果は科学的には証明されていません.痛みがかえってひどくなってしまう方もいるので私はあまりすすめません。

治るの?治るとしたらどのくらいで治るの?

  • むちうちは適切な治療で良くなることが多いです.
  • 多くの場合は1ヶ月以内に治ります.
  • 症状が長引くかたは、定期的に受診していただき、上記の内服薬を飲んでいただいたり、リハビリをうけていただきます。
  • 事故などで症状をおってしまった場合はどうしても症状を気にしすぎてしまうことがあります。論文による報告では症状を気にしすぎるとかえって治りが悪くしてしまうことがあるようです。なのであまり気にしすぎないということが治癒への早道であったりします。
  • 吐き気、嘔吐などの症状が続く場合は、頭の中の異常もあるかもしれないのでその場合は頭部CT検査をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA